本物情報バンク 地球未来フォーラム     HOMEへ戻る
本物情報バンク
本物情報バンク始動!
 

環境と社会貢献と「志」のビジネス情報誌オルタナRoom to Read

ごあいさつ

 

地球未来フォーラムでは、宮城県名取市北釜地区の復興支援プロジェクトを行っています。

●津波により被災した名取市北釜地区のコミュニティ新聞「北釜新聞」の発行支援を赤い羽根共同募金「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」の支援により行っています。

下記よりPDFをダウンロードいただけます。

創刊号
第2号
第3号
第4号
第5号
第6号
第7号


■3月11日 
その時は、突然やってきました。
名取市北釜地区(午後3時55分)

 

 

 


■3月13日 
震災直後の北釜地区
新築したばかりの家や永年培ってきたコミュニティが一瞬にして破壊されました。
109戸の半数以上が農家でした。


 


■4月10日 
避難所で、毎日何もしないで、ボランティアさんに3度の食事や、食器の上げ下げまでお世話になったのでは、被災難民になってしまうと 決意、耕作放棄地を借りうけ、農業を再開する決意したとのこと。
農業が主体の地域なので、成功事例をつくり、コミュニティの再生をしたいと5人が立ちあがりました。


 

■4月26日 
周辺の清掃作業後、3週間かけての天地返しがはじまりました。

4月農機具メーカーの実習機を借りての耕作の様子。

農作業のひととき


■5月5日 きよすみ、おくら、つるむらさき播種


■6月4日 つるむらさき 定植

 

■6月8日 小松菜初収穫

 

小松菜調整作業

■6月8日 待ちに待った初出荷です。


しかし、もともと耕作放棄された粘土土壌のため、培ってきたノウハウがなかなか活かせません。
いままでの土地は、海岸の為、砂地でした。
特に、水はけが悪く、雨が降るとご覧のとおり。
また、真水が少なく、水やりも思うに任せない状態の土地です。

 

 

 

■6月26日 名取市東部震災復興の会主催による、市民フォーラムが開催されました。


仙台エアポートリゾート構想を提言しました。

 

■6月下旬にROADプロジェクトの採択を受け、地球未来フォーラムでは、
 名古屋と新潟から研究中の土壌改良材を分けてもらい、お届けすることにしました。


■7月3日 宮城の農業フェア「復興へ向けた新たな出発」 仙台市勾当台公園


■7月11日 国際森林年記念事業 「東北にもう一度 白砂青松 を取り戻したい」に
地域の代表団が参加(東京 津田ホール)主催:(財)オイスカ 
名取市東部震災復興の会 会長が基調講演を行いました。

■7月27日 
新潟から住宅用断熱材として開発中のリグニン除去したという画期的なもみ殻を土壌改良に試験してみようと、第一陣のもみ殻が到着、早速散布しました。
 

■7月29日 
津波で壊滅した海岸線の松林を再生しようと大衡村「宮城県林業技術センター」を視察。
ポット式の苗木づくりにリグニン除去もみ殻が使用できるのではとの期待がでてきました。
 

■8月15日 
生協との契約で「仙台白菜」 播種
(従来の土壌)

 


 



■8月20日 
小松菜 チンゲン菜 等、キスジノミノハムシにより全滅。
(従来の土地)


 

 


■9月1日 
仙台水産主催 合同商談会
小松菜、オクラ、ツルムラサキ等の契約成立。
(土壌改良材を使用した成果が期待されています)


 

 


■9月上旬  
蔵王松苗センター視察、苗木づくりの難しさを実感しながらも、「白砂青松」を決意しています。

■9月4〜5日 新潟県山古志村へ
集団移転を学ぶ先進地事例視察を行いました。

山古志村の前・長島村長さんが、温かく迎えてくださいました。


■9月17日 集団移転学習会
 
その山古志村から、前・長島村長さんが、名取市の仮設住宅の集会所まで来てくださり、直接住民に語りかけ、被災者の声をお聴きになりました。前・長島村長さんは、現職の国会議員でもあることから、盛況な学習会になりました。

 

■10月5日 
名取市東部震災復興の会の活動(コミュニティとふるさと再生)を鈴木英二会長が、発表しました。
国際会議「持続可能な地域社会づくりをめざした国際協力」
(東京 国立オリンピック記念青少年総合センター 国際会議室)
主催:(財)オイスカ

 

中野 良子 オイスカ・インターナショナル 総裁と鈴木会長

 
ページトップへ戻る
お問い合わせはこちら