本物情報バンク 地球未来フォーラム     HOMEへ戻る
本物情報バンク始動!
ほんもの情報 詳しい資料をお申し込みください。 本物情報バンク
本物情報バンク
 

環境と社会貢献と「志」のビジネス情報誌オルタナRoom to Read

被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。
「東日本大震災」により被災された皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。


本物情報バンク東日本大震災から、二年の月日が経ちました。
地球未来フォーラムも、皆さま同様、支援物資を直接被災地にお届けする中継点としての活動や、仙台空港に隣接する集落の皆さまの、農業支援や集団移転勉強会支援等、さまざまに活動を続けながら現在に至っております。
東北の地方新聞を開くと、最近、希望につながる記事が少しずつ掲載されるようになってきました。
母親を失った父と息子たちが家事を分担し、助けながら生活していること。家族を失った少年が30代のおじさん家族と暮らし始めたこと。ボランティアで入った青年が地元のお母さん達10人と「ミサンガ」づくりを行い、お母さん達のわずかではあるが収入となり始めたこと。福島県飯館村に、研究家の方々が入って放射能除去の研究を行ったこと。九州の大学の研究者達が波を被った田畑で徐塩の試みを行ったこと等など・・・・。
一つひとつが笑顔と安堵と希望を誘う記事たちです。
 一方、台風がさらなる災害を各地にもたらし、それは国内外を問わずで、それらのニュースに今まで以上に、衝撃を受ける昨今です。地球はいったいどうなってしまうのだろうと。
しかし、今を生きる私たちは、地球の未来を育んでいかなければなりません。
東日本大震災は、そんな思いを同じくし、行動する人々が実に多いんだということを、実感させてくれた出来事でもあります。
皆さま、あの有名な本「木を植える男」の行動を、自分の場所でこれからもずっと実践して行きましょう。




ページトップへ戻る
お問い合わせはこちら